ローヤルゼリー比較

ローヤルゼリーで若々しく!

どんな人でも、40代を過ぎると活力が落ち、若々しさに翳りが見えてくるものです。
「シミや小じわが気になる…」
「朝、シャキッと目覚めることができない」
「体力が落ちてきた気がする…」
歳を重ねるとともに、そんな悩みを抱える方が増えてきます。

年齢を重ねることで、からだの悩み・トラブルが出てくるのは仕方のないことです。
とは言え、なんの対策もしなければ、どんどん老けていくばかり…

実は、しっかりと「対策」していくことで、若々しさは取り戻すことができます!
そのカギを握る成分として注目されているのが「ローヤルゼリー」です。

ローヤルゼリーはこんな人にお薦め

  • 若々しさ・活力が気になる
  • 生活にハリとツヤが欲しい!
  • 食生活の偏りが気になっている
  • 年齢を感じ始めた…
  • いつまでも若々しく女性らしい毎日を送りたい!

ローヤルゼリーは年齢・性別を問わずに活用することができる健康物質ですが、特にお薦めしたいのは【40代以降の女性】です。
古来から、健康維持だけでなく美容にも活用され続けてきた食材だからです。
ローヤルゼリーが、若々しく潤いのある毎日の活力を補ってくれます!

もちろん、天然由来の物質ですから安全性も高いですし、副作用もありません。
安心して健康・美容に活用することができます。

どんな物質なの?

ローヤルゼリーは蜜蜂によって作り出される物質です。
女王蜂だけが食べることを許されている食材で、40種類を超える栄養素が豊富にバランスよく含まれています。

女王蜂は、働き蜂と同じ卵から生まれるにも関わらず、体長約3倍以上、寿命は約40倍という差が出るのは、ローヤルゼリーのおかげだと考えられています。
1日に約2,000個もの卵を生むという仕事を課せられた女王蜂の体力は、ローヤルゼリーによって支えられているのです。

栄養バランスが優れていることから、完全栄養食と呼ばれることもあります。

材料はなに?

ローヤルゼリーは、働き蜂が集めた花粉などの自然由来の物質と、蜜蜂自身の分泌物とを混ぜ合わせることで作り出されます。
見た目は乳白色のクリーム状でとっても美味しそうに見えるのですが、実は酸味と苦みが非常に強く、匂いも強烈です。

サプリメントがお薦め

「生ローヤルゼリー」の状態で購入することもできますが、食べにくく、保存も効かないので一般的ではありません。
健康や美容にしっかりと実感する為には、長期的に継続して摂取することが重要なので、「生」は不向きなのです。

そういった事情から人気なのが「サプリメント」です。
カプセルなどで覆われているので飲みやすく、続けやすいからです。
フリーズドライ製法などを採用しているサプリなら、栄養価が損なわれることもありません。

酵素分解ローヤルゼリーキングなどは、フリーズドライ製法を採用している製品で人気もあります。

含有されている成分は?

ローヤルゼリーの魅力は、なんと言ってもその豊富な栄養素にあります。
40種類を超える栄養素が豊富にバランスよく含まれているので、しっかりと活力を補給することができます。
ローヤルゼリーにしか含まれていない成分もあり、健康維持や美容など、理想のからだづくりに役立ってくれます。

必須アミノ酸

体内で自ら作り出すことができない「必須アミノ酸」が豊富に含まれています。

リジン・バリン・ロイシンなど

ミネラル

人間の生命活動に欠かすことのできない成分がバランスよく含まれています。

マグネシウム・リン・鉄・カルシウムなど

非必須アミノ酸

たんぱく質の材料になるアミノ酸も豊富です。不足しがちな成分もしっかり補給できるのが嬉しいですね!

アルギニン・アスパラギン酸・セリン・グルタミン酸など

ビタミンB群

生命活動のエネルギーをつくりだす役割を持っています。アミノ酸と相性が良いのも特徴の一つです。

ビタミンB1・B2・B6・パントテン酸・葉酸・ビオチン・イノシトールなど

デセン酸

ローヤルゼリーにしか含まれていない特有成分です。
デセン酸の働きは、健康や美容にローヤルゼリーが役立つ大きな背景だと考えられています。

この成分は、強力な抗酸化作用を持っているのが最大の特徴。
活性酸素とは、老化の根本的な原因とも言われている活性酸素に対抗するパワーのことで、40代以降は積極的に補充したいパワー。
そんな抗酸化作用の働きをしっかりと感じることができます。

また、体内で女性ホルモンと同じ働きをしてくれる「エストロゲン様作用」を持っているというのもデセン酸の魅力。
女性らしい若々しさをサポートしてくれます。

副作用はあるの?

ローヤルゼリーは、天然由来の物質ですから、安全性にも優れています。
副作用のリスクも極めて低いと言えるでしょう。

正しい摂取方法を心がけていれば、基本的には何の心配もせずに摂取することができます。
(過剰摂取には注意が必要です。)

ただし、他の食品と同じように、アレルギーには注意が必要です。
アレルギー体質の方は、念のため摂取する前にメーカーに問い合わせるか、かかりつけ医師に相談しておいた方が良いかも知れません。