ローヤルゼリー比較

乳がんとローヤルゼリー

ローヤルゼリーの更年期症状を改善する効果は一般的には広く認められていますよね。それはローヤルゼリーに、女性ホルモンのエストロゲンと同じ作用をするデセン酸が含まれているからなのです。
となると、婦人科系の乳がんとの相関性が気になるところですよね。お医者様によっては、女性ホルモン様の作用があるから乳がん患者の内服はしない方がよいとする先生もいらっしゃるそうですが、最近のネットを含めた情報では、逆に乳がんの予防や治療につながるのではないか、との研究結果報告もあるようです。
ただ、これらはあくまで動物に対する実験や試験管での研究レベルの話であって、人間に対しての実験結果がでているわけではないそうですまた、ローヤルゼリーの更年期障害の改善効果がみられたという報告がありますが、動物実験レベルでは子宮重量の増加はみられなかったことから、エストロゲンとは別の基準で更年期障害を改善しているのかもしれない、という憶測もされているそうですということから、ローヤルゼリーが乳がんをできやすくしてしまったり再発を起こしてしまうという明らかな根拠はないのですまたローヤルゼリーが乳がんをつくらせないように働くという動物実験データはあるが、人間に対して効果があるという証拠はないということにもなります。
何事も一つの効果ばかりを盲目的に信じないで、いろいろな可能性を含めて自分で考え、主治医がいる場合はアドバイスをもらってから服用していきたいものです。