ローヤルゼリー比較

ローヤルゼリーの優れた成分

ローヤルゼリーはハチミツのなかでも最高級品として知られています。働き蜂が花粉やハチミツを食しそれらを体内で分解合成し生成される白いクリームのようなトロリとした成分がローヤルゼリーであり女王蜂の成虫や幼虫に与えられる食べ物となっています。ミツバチ社会を形成していくためには大変重要な食糧資源でもあります。
このローヤルゼリーの成分は水分が65%、タンパク質やアミノ酸が13%、炭水化物15%、脂質3%の栄養成分で構成されています。
なかでも必須アミノ酸は人間の体内では生成されないため外から補う必要がある成分ですが人間の生命活動において重要な役割を行う物質であります。
この他にも生活習慣病の一つ糖尿病の治療薬として用いられるインシュリンと似たような働きをすることでも注目されている0-ハイドロキシ-δ-2-デセン酸が含有されています。また、最近の研究ではペプチドが含まれていることが分かりました。 ペプチドが高血圧やコレステロールの上昇を抑制する作用があります。高血圧は心筋梗塞や脳梗塞などの危険も伴い血圧が高いことによって血管に負担がかかります。
高血圧に効果のあるローヤルゼリーは血管の老化予防にも効果があります。現代では50歳以上の7割以上が高血圧であるとのデータもあります。
また、前述でも紹介したデセン酸には更年期障害など女性ホルモンによる依存性の病気予防にも効果があることが期待されています。