ローヤルゼリー比較

ローヤルゼリーが飲めるのは何歳から?

ローヤルゼリーと言えば蜂からできた自然食品です。働き蜂が女王蜂のためにせっせと集めてきた花の蜜と、自分自身の分泌物を混ぜて栄養価の高い塊にしたものです。自分では食べずに、卵を産む女王蜂に捧げるためだけにこれを作っているところに蜂の知能の高さを感じずにはいられません。
そんなローヤルゼリーですから、人にとっても栄養の塊です。そもそもはちみつだけでも栄養食と言われているのですから、その粋を集めたローヤルゼリーがいかほどのパワーを秘めているのか、考えてみればみるほどありがたい食品です。
ところでローヤルゼリーは何歳になったら飲むことが可能になるのでしょうか。 最近の育児では、子どもにはあまりはちみつを与えない方が良いという話があります。これは、はちみつが持っている成分の中に、アレルギーを引き起こすことがある物質が含まれているからです。
実際にはちみつでアレルギー反応を起こす子どもはいるので、特に濃いローヤルゼリーは、はちみつ以上に注意する必要があります。
また、アレルギーのほかに消化の問題があります。 子どもは内臓が未発達なので、濃縮した栄養素であるローヤルゼリーでお腹を壊してしまうこともあります。
そのため10歳以上、もしくは中学生以上から食べさせた方が安心です。食品ですので乳幼児でなければ問題ないと言えますが、特別に必要でなければローヤルゼリーは大人が食べる栄養食品と思っておいた方が無難です。