ローヤルゼリー比較

ローヤルゼリーにデメリットはあるの?

栄養豊富かつ様々な健康効果が期待できることで有名なローヤルゼリー。病気の予防・改善にも役立つので、積極的に摂取したい健康食品の一つです。しかし、万能薬と呼ばれるローヤルゼリーにもデメリットがあることをご存じですか?ローヤルゼリーのデメリットについて、種類ごとに解説していきます。
ローヤルゼリーの種類は生タイプ、乾燥タイプ、調製タイプがあります。
生タイプは蜂の王台から採取したばかりのローヤルゼリーを加工せず瓶詰めにしたものです。鮮度の良さと純度の高さが最大の特徴であり魅力ですが、非常に高価であり、独特の酸味が強すぎて飲みづらいというデメリットがあります。また、加工されていないので保存が利きにくく劣化が早いです。
乾燥タイプは生タイプのローヤルゼリーの水分を飛ばし粉末状に加工したものです。長期保存と持ち運びが可能であり、旅行先や出張先でも手軽に飲むことができます。デメリットは生タイプよりも鮮度が劣る、加熱によって乾燥させた場合は栄養成分が破壊され効果が下がるということです。
調製タイプは生もしくは乾燥タイプのローヤルゼリーに食品添加物を加え飲みやすくしたものです。他の栄養素と同時に摂取することで高い相乗効果を得られることもありますが、純度が低く、製品によってはローヤルゼリーそのものの栄養成分が少ないと言えます。 飲みやすさや栄養価、何を重視するかをよく考えたうえで、自分に合ったローヤルゼリーを探してみてください。