ローヤルゼリー比較

海外産ローヤルゼリー

栄養が豊富で高価な健康食品として人気があるローヤルゼリーは、日本だけでなく海外でも知られており、現在日本にあるローヤルゼリーにも、国産のものと海外産のものがあります。どちらが良いのか、どういった違いがあるのでしょうか。
まず、海外産はどこで生産されているのかということですが、ハチは、温暖な気候で飼育されるのが適していますので、台湾やタイではローヤルゼリーの生産国として知られています。また、中国でも広大な土地を利用してローヤルゼリーが盛んに行われており、日本でも中国産のローヤルゼリーはよく出回っています。他には、オーストラリアやニュージーランドも温暖な気候なのでローヤルゼリーを生産しています。
ローヤルゼリーは、花粉が原料となりますので、もちろん花が違えばローヤルゼリーも異なってきますが、国内と海外では気候や土地も違うので花の種類が異なりますので、ローヤルゼリーも違ってきますね。
ローヤルゼリーは、採取する時期や花の種類によって色や舌触りが異なります。また、花の種類によっては、ローヤルゼリーの効果も異なり、抗菌性が高いものや免疫力を向上するものなどがあります。
ローヤルゼリーには、デセン酸という有効成分が含まれており、この含有量により価格が異なってくることから、国産と海外産というように産地で選ぶというよりも、デセン産の含有量で選ぶ人が多く見られます。 国産と海外産で、異なる風味を楽しみながら味わうのも良いでしょう。