ローヤルゼリー比較

ローヤルゼリーは何歳からオッケー?

ローヤルゼリーには免疫力を高めたりアンチエイジングに効果があるとされています。 良質なタンパク質やアミノ酸の含有率や吸収率が大変良く、抗酸化作用の面でも優秀で注目を浴びている食品の1つです。
日中の活動が活発になり、休息効果も上がることから、健康に良いので子供にも飲ませたいと考える人は多いですが、ローヤルゼリーは何歳から摂取しても良いのでしょうか。結論から言うと、1歳を過ぎれば問題はないと考えられます。
ローヤルゼリーははちみつと同じく土で育つ花の蜜が原料のためボツリヌス菌が含まれている可能性があります。
1歳未満の腸は未発達で短いため、ボツリヌス菌が消化管で死滅されずに吸収されてしまいます。抵抗力の低い乳児の腸内で菌が増殖すると、便秘や麻痺、全身の筋力が低下する脱力状態などの症状が現れ、命にかかわることもある「乳児ボツリヌス症」を引き起こす危険性があるのです。
そのため、腸がある程度発達して消化吸収が正常に行えるようになる1歳を過ぎるまでは、はちみつと同じく決して与えてはいけません。
また、1歳を過ぎてから与える場合も、かかりつけ医院の開いている午前中にほんの少量を摂取させ、問題がなければ翌日以降も与えて大丈夫です。ローヤルゼリーは免疫力をアップさせたり良質な筋肉を作るために必要な、子供の成長にも大変有用な栄養素がたっぷりなので、ぜひ積極的に与えたいものです。