ローヤルゼリー比較

生活習慣病とローヤルゼリーの関係

近年、急速に増加している生活習慣病や内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)は普段の生活から引き起こされる疾患です。
栄養バランスや生活習慣の乱れが大きな原因とされることが多いことから最近では生活習慣やメタボリックを引き起こさないための予防や改善の呼びかけとして医療関係機関では病気の特徴や予防法、改善などについて医師や看護師などを中心とした医療従事者による講習会などが各病院などで実施されるようになっています。 また、栄養バランスを整えることを目的に健康食品を併用して利用している人も少なくありません。
健康食品のなかでもローヤルゼリーが生活習慣病などの予防やリスク削減に効果的なことから予防法として活用している方も増加しています。では、なぜローヤルゼリーが生活習慣病などに効果的なのかみていきましょう。
特徴の一つとである、ローヤルゼリーにしか含有されていない成分「デセン酸」は脂肪酸の一種で、主な作用としては血糖値を低下、がんの抑制、血中コレステロールの低下、女性ホルモンに似た作用などがあげられます。 なかでも血糖値の低下については糖尿病の治療薬として用いられるインシュリンと似たような作用があることから糖尿病の抑制、改善に効果が高いと期待されています。 ローヤルゼリーに、このデセン酸が3.85%も含有されているのが好ましいでしょう。
デセン酸の含有量が高ければ高いほど口に入れ舌に乗せた際にピリッとした感触をおぼえます。